七五三の前撮りのメリットとデメリット

七五三の写真を撮るときには、前撮りをするべきか、それともやはり当日撮りをするべきか悩む人もいるでしょう。そこで、ここでは前撮りのメリットとデメリットについて解説します。メリットとデメリットを知ることによって、前撮りがいいのか、それとも当日撮りがいいのかがわかります。

・前撮りのメリット

前撮りのメリットは、なんといってもお子さんの体調に合わせて撮影できることです。小さな子供というのは、些細なことで熱を出したり、急に転んで怪我をしてしまうなんてことも考えられます。
七五三当日は、やることも多くて忙しいため、お子さんにとってはとてもハードな1日となります。疲れから体調不良となった場合には、撮影することができません。ですが、前撮りならお子さんの体調に合わせて撮影することも可能なので、とびっきりの笑顔が撮れるのです。
そして、夏真っ盛りになると、日焼けをしてしまい、着物とのコントラストがうまくいかないこともあります。一生に1度の思い出となる七五三では、万全の状態で臨みたいものです。前撮りで、暑くなる前の6月前後に撮ることができるので、日焼けする前に撮影ができます。

・デメリット

前撮りのデメリットは、お子さんの成長速度と関係があります。前撮りをあまりにも早い段階でしたときには、いざ七五三本番となったときに、成長していてサイズが変わっていることがあるのです。
写真館やフォトスタジオでは、着物のレンタルもしてくれますが、やはり特別な日のためには、選びに選んだ着物を購入するという人もいるでしょう。ですが、前撮りを早くしすぎたためにサイズが変わってしまっては、せっかくの晴れの日には着れなくなってしまいます。
こうしたデメリットを解決するためには、前撮りをする日を、できるだけ本番当日近くにすることです。そうすることによって、前撮りをした時とサイズが違うというトラブルは避けられます。

七五三の前撮りのメリットとデメリットを知った後で、どちらがいいかを決めるようにしましょう。